いきものぬりえの無料ダウンロードはこちらから!14種類のぬりえがダウンロードできるよ!
アズマヒキガエル

アズマヒキガエル
アズマヒキガエルは、やま田畑たはただけでなく、公園こうえんいえ庭先にわさきなどでもることができるヒキガエルの仲間なかまだ。

身近みぢかられるカエルでは、ウシガエルにいで大型おおがたである。

昆虫こんちゅうやクモ・ミミズなどをべる肉食性にくしょくせいだ。

分類ぶんるい:カエルもく ヒキガエル
学名がくめい:Bufo japonicus formosus
漢字名かんじめい東蟇蛙あずまひきがえる
別名べつめい:ガマガエル
おおきさ:45~180mmミリメートル
られる場所ばしょ山地さんち森林しんりんから海岸かいがん付近ふきん農耕地のうこうち都市部としぶ公園こうえんなど
分布ぶんぷ本州ほんしゅう近畿地方きんきちほう以北いほく山陰地方さんいんちほう北部ほくぶ
レッドリスト:準絶滅危惧じゅんぜつめつきぐ東京都とうきょうと福島県ふくしまけん新潟県にいがたけんなど)・要注意種ようちゅういしゅ神奈川県かながわけん)など

歩くアズマヒキガエルカエルといえば、ピョンピョンとねて移動いどうするイメージがあるが、アズマヒキガエルはジャンプがあまり得意とくいではない。おおきなからだおもたいのだろうか、のそのそとあるいて移動いどうする。

アズマヒキガエルの耳線と鼓膜うしろにある耳腺じせんからブフォトキシンというどくのある粘液ねんえきす。このどくで、てきからべられるのをふせぐのだ。

しかし、アズマヒキガエルの天敵てんてきであるヤマカガシは、このブフォトキシンを体内たいないめこんで、みずからの武器ぶきとして利用りようしている。毒牙どくがから分泌ぶんぴつするのはべつどくで、ブフォトキシンはくびからすのだ。

アズマヒキガエルは滅多めった毒液どくえきすことはないようだが、さわったあらわずにをこすったりしてはいけない。かなら石鹸せっけんあらおう。

神奈川県かながわけんのレッドリスト(絶滅ぜつめつのおそれがあるもののリスト)では、アズマヒキガエルは要注意種ようちゅういしゅとされている。ワタシにとっては子供こどもころから馴染なじみのあるカエルだったので、とても意外いがいであった。

現在げんざい、カエルをふくおおくの両生類りょうせいるいが、レッドリストに登録とうろくされている。なぜだろうか?

両生類りょうせいるい」は、もともとは「両棲類りょうせいるい」という漢字かんじをあてた。「せい」は「む」という意味いみで、「両方りょうほうもの仲間なかま」ということになる。

では、「両方りょうほう」とはなになにすのだろうか?

こたえは「陸上りくじょう」と「水中すいちゅう」だ。両生類りょうせいるいおおくは、どものころ水中すいちゅう生活せいかつし、大人おとなになると陸上りくじょうにあがって生活せいかつする。「陸上りくじょう水中すいちゅう両方りょうほうもの仲間なかま」だから「両棲類りょうせいるい」なのである。

しかし、両生類りょうせいるい生活せいかつできる環境かんきょう私達わたしたち人間にんげんによって、どんどんなくなってしまっている。

かわ水路すいろまわりがコンクリートでかためられたり、いけ湿地しっちてられたり、「陸上りくじょう」と「水中すいちゅう」がつながった環境かんきょうすくなくなっているのだ。

両生類りょうせいるいのこれるようなゆたかな自然環境しぜんかんきょうを、すこしでもおおのこしていくために、私達わたしたちなに出来できるのか。みんなも一緒いっしょかんがえてほしい。

CTA-IMAGE いきもの図鑑管理人西山レヂヲのブログです。自然観察・関東ふれあいの道・キャンプ・インタープリターなど野外活動にまつわるアレコレの話を綴ります。

ヒキガエル科のあたらしいなかま